--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.08.15

独り語り

最近、親と政治について語ることがあるんですよねぇ。
今は郵政民営化について。

以下独り言なので、読みたい方だけドウゾ…。笑
小泉さん、ちょっとやり方が汚くありませんかね?
どの国会議員の人も、それぞれの地域の代表の人なんだからさ。
その人達と協力して、国を治めていくためにあるんでしょ?政治って。
それなのに、自分のやりたいことに反対した議員は公認しないだとか、刺客を送り込むだとか…。
あなたはそれでも総理大臣ですか…?と呆れてしまう。

小泉さんは『郵政民営化改革が出来なくて、他の改革は出来ない!』と断言してますけども、私も郵政民営化をすることには反対してません。
でも、それをやるための小泉さんの答弁に問題があると思いますね…。
小泉さんの答弁には全然熱心さとか情熱さが感じられない。
『私はこの改革がどうしてもしたいんだ!』と思っているのなら、それ相応の答弁ってものがあるでしょう、と。
国民だってラジオやテレビで聞いたり見たりしてるのに、あんな風に人を小馬鹿にしたような答弁じゃ、応援する気も失せるってもんです。

それに他の反対してる議員さんだって、もうちょっと郵政民営化改革の内容を練って、手直ししてもっと良い案になったら賛成すると言っている議員さん沢山いるんだから、小泉さんももっと大人になって改革を進めたら良いんじゃないかな、と私は思います。

…はいっ、かなり高校生っぽくない内容の話をお送りしました(笑)
うちのパパさんは市議会議員なので、こういう話が結構身近なんですよね。
衆議院が解散してから、親が応援してる議員さんも選挙の準備があって、パパさんも大変そうです(´∇`;
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://dears74.blog9.fc2.com/tb.php/160-5783c99f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。